ひろしま避難者の会「アスチカ」が設立されました。

■設立の趣旨

東日本大震災による経験は被災者の心の中に深く刻まれており、不測の事態によって一変した生活の悩みや不安はさまざまです。広島へ避難した経緯や家庭の環境も違います。震災後1年半以上経ちますが、避難者の生活が物理的にも精神的にも落ち着いたとは言えません。今年に入ってからも、新たに広島へ避難して来た方も少なくない現状を踏まえ、震災直後から避難している者を中心に、避難者同士が交流し悩みを打ち明け、心の拠り所となるホッとできる場「交流カフェ」を作りました。

しかし、それだけでは避難者の悩みを解決しきれなことがわかり、このたび、ひろしま避難者の会「アスチカ」を設立しました。広島県内外に点在する各支援団体及び行政や企業とも有機的に繋がり、避難者自身が自立し将来の展望をつかんでいけるようにしたいと願っています。

「アスチカ」とは、「明日へすすむ力」という意味を込めて名付けました。

■活動内容

(1)ひろしま避難者の会「アスチカ」の運営

(2)避難者の生活に関する全ての支援サポート

(3)生活に関する避難者の声を発信

(4)「交流カフェ」(集い)、勉強会の開催

(5)避難者と支援団体との窓口業務

(6)広島における支援団体及び行政、企業との連携促進

(7)被災地(避難元)情報も自由に取得できるように、被災地との連携を図る。

■連絡先

電  話 070-5677-0411

FAX  082-822-0005

Eメール hiroshima.hinan@gmail.com

ホームページ http://hiroshimahinanshanokai-asuchika.com/

郵便  〒730-0052 広島市中区千田町1-9-43 広島市社会福祉センターボランティア情報センター 内

カテゴリー: 被災者の皆さまへ パーマリンク